ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:街情報 ( 5 ) タグの人気記事

恒例・着物でお出かけ

着付け教室の友人3人と
恒例の「着物でお出かけ」。

今回の企画は自分。
改修を終えた東京駅中心に歩きましたよ^^

まずは八重洲口側。
大丸の最上階「XEX東京」にて、鉄板焼きランチ。
皇居まで見渡せる最高の景観の中
目の前で焼いていただく、お肉、サイコー。
お茶とデザートは、別の席へ移動して。
たま~には贅沢も必要さ♪

その後、エキナカを通って、今度は丸の内側。
「ブリックスクエア」の一角、「三菱一号館美術館」へ。
「シャルダン展」を堪能いたしやした♪

そのあとは、併設するカフェでお茶。
ここは、もと銀行だったんだって。
赤煉瓦の建物に、英国調の庭…
うわさに違わず、素敵な場所で、しばしリラックス。

そして本日の〆。
夕暮れの中で新しい東京駅を拝見

オープン前だけど、
暗くなってくると、ほんのりと照明が点灯して
浮かび上がる荘厳な雰囲気が、なんともいえず美しい。

ドーム内側の天井には、残念ながら白い布が覆われていて
まだ装飾などは観られず。
ま、混雑は苦手なので、テレビで見ればいっかな。

この日の着物。
e0152142_14123755.jpg

九月の終盤といえば
ほんとは季節の先取りで、袷もOKなんだけどね…
気温30℃だよ~。
袷なんて、じょーだんじゃない!
台風前で、怪しい雲行きだったし、迷わず単衣のウールに。
ただし、色や柄はしっかり秋を意識したつもりヨ。

このウール着物。去年買った1000円!のリサイクル。
それも一度も袖を通してない新古品。
ドンぴしゃ好みの色柄で、気分はウキウキ。

帯は3年ぐらい前に買った、黄土色の無地の単衣紬。
これもリサイクルで5000円。
ウッフッフ。上下で6000円だよ~。
着物、サイコーっす。
[PR]
by nekodeko2 | 2012-09-30 07:19 | 日記

2010年1月10日(日)

松の内ギリギリに、夫婦でお参りに行ってきました。
それも、今年はダンナの就職をお願いするために
お寺と神社を一日のうちにまわってくるという
心神深い方からみれば、かなり節操のないことをしてきました(苦笑)


まずは、最近毎年のように行っている中野の新井薬師寺へ。
弘法大師さまにお参りしたあとは
去年のお守りやお札をお返しして、新しいものを、たんまり買い込む^^;
おみくじも、もちろん忘れません。
ダンナは中吉。ワタシは小吉。今年はお互い、まあまあかなー。

地下鉄を乗り換えて、飯田橋から徒歩5分。
靖国神社へ。
e0152142_0471692.jpg

実は靖国神社へは、いつか絶対に行ってみたかったのです。
世の中で騒がれている「ヤスクニ」というところが、
実際はどういうところなのか知りたくて。

で、今回はダンナも「行ってもいいよ」と言ってくれたので
お参りがてら、「遊就館」へも、しっかり行ってきました。
じっくり観ると3時間はかかりそうな膨大な展示品の数々・・・
最後のコーナーでは、戦死者の写真がびっしりと・・・

見終わった後に感じたこと。
まず、改めて、戦争は絶対に繰り返してはいけないと思いました。
これだけ多くのヒトの命が
無益で哀しい争いによって失われてしまったことの空しさを、
しみじみと、切々と、感じました。

と、同時に
今の感覚で、あの当時の戦争を評価してはいけないなあと。
現代から見れば「愚か」であっても
あの当時は、あの当時の世界情勢があり
その中で、その当時のヒトたちが真剣に日本を守るべくして行動した結果が
あの戦争であったということ。

だから、現代人が当時のヒトたちを
「なんと愚かなことをやったんだろう」と
蔑んではいけないと思うのです。

むしろ、今の日本があるのは、この方たちが必死に頑張ってくれたから。
だから、本当は心から感謝しなければ
と、心から思いました。

そして・・・これはあくまで私個人の意見ですが。

日本の政治家ならば
堂々とヤスクニに参拝してほしいなあ。。。とも思いました。

だって、ここには「戦争賛美」の思想など、全くないもの。
あるのは、戦死者への鎮魂。
そして、何不自由なく平和に現代日本に生きられることへの感謝。
それらのことを胸にとどめながら
心静かに神様に手を合わせることができるヒーリングスポットだと思うのです。

よその国にあれこれ言われる筋合いは全くないし
目の前の利害にとらわれて自粛する政治家の気持ちも、理解しがたい。
改めて今回そう感じました。


途中、とばしたところもあったのですが
それでも遊就館を全部見終わったあとは
どっぷりと心身ともに疲れてしまいました。
でも
どこか、スッキリしたような癒されたような不思議な感覚も・・・

そして
こういう施設には興味がなさそうだったダンナが
「見てよかったな」
とキッパリ言ってくれたのには
つい、不覚にもジーンとしてしまったわ。

そのダンナが館内のショップで買ったのは
『パール判事の日本無罪論』の文庫本。
「遊就館」の最終コーナーに展示されていたパール判事のお言葉は
それまでの展示の重い空気を、心から癒してくれます。

結論として、「ヤスクニ」をこの目で見ることができて
本当によかったです。

そして来年も・・・来年といわず、
また近いうちに来たいと思わせる、大好きなスポットのひとつになりました。
[PR]
by nekodeko2 | 2010-01-13 23:13 | 日記

2009年11月5日(木) その3

昔は札幌に行けば、もちろん祖母の家に泊まっていたのだけど
最近は、自由に行動したいのもあったし、
高齢の祖母を煩わしてしまうと思って
(それでも祖母は泊まって欲しがってたけど)
札幌駅近くのホテルに泊まるようにしています。

なので、有名どころの大きなホテルから小さなビジネスホテルまで
いくつかのホテルに泊まった経験があるのだけど
今回泊まったホテルは
値段といい、雰囲気といい、駅への近さといい
今までの中でベストなホテルだったかも~!
次回も絶対ここにしようと思ってます。

ということで、こっそりご紹介。

ホテル フィーノ サッポロ

札幌の北口からすぐ。
地下道からも上がってすぐ。
シックでモダンな内装や家具で、ちょっとリラックス気分。
サービスも過度なく、良い感じ。
これで素泊まりがビジネスホテル並の4500円!
シングルの部屋を予約していたのですが、
空いてたらしく
ちょっと広いツインの部屋へランクアップしていただきました~。
e0152142_21223241.jpg

着物を着るなら絶対に必要なのが姿見なのですが
ここはクローゼットの表が大きな鏡になっているので問題なし。
アメニティも化粧品以外は持っていく必要がありません。

でも、ひとつだけ思い違いしてしまったのが「パジャマ」。
ワタシが想像する「パジャマ」とは、上下ある寝間着のことだったのですが
実際に用意されていたのは上だけ。膝下まである長いシャツのようなもの。
で、腰から下がスカスカしたまま寝ることができないワタシ(苦笑)ですので
仕方がなく、着物用のステテコを替わりに履いて寝ました。

このホテルのすぐ近くには北大のポプラ並木。
朝早くにお散歩したら気持ちよさそうですが
あいにく、当日の朝は1度ですし・・・雪吹いてますし・・・(苦笑)
ちなみに、叔母いわく
昔から、この辺りは北大を受験する学生向けの安い宿や
北大生向けの下宿屋さんが軒を連ねていたんだとか。
ワタシが泊まったホテルも、きっとその名残なのでしょう。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-11-06 21:34 | 日記

2009年11月5日(木) その2

札幌行きの記録。
続きをアップするのが遅くなってしまいました・・・スミマセン。

出発時の11月1日の東京の気温は26度の夏日・・・
着いた札幌は初雪まじりの雨が降って、気温は5度・・・
次の日の朝の札幌の気温は1度!!
冷たいというより、痛い風とともに雪が横殴り・・・
帰ってきた夜の東京は雨まじりの8度・・・
というような、わけのわからん気温差。

・・・いったい何を着て、何を持っていけばいいのか・・・
と悩んだあげく、着たきりすずめに選んだのは
最近、こればっかの、砂色ウールに赤いつづれ織りの組み合わせ。

それから下着は・・・うそつき襦袢にして
寒さ対策に、あしべ半襦袢をバッグへ。
長羽織かコートか悩んで
最近買っておいたポリエステルの一部式雨コートを持っていくことに。
雪なら、あまり役に立たないかも・・・と思いつつ、雨用の草履も入れて
履いていったのは、捨てるつもりでとっておいたゴム底草履。
ショールに手袋ももちろん。(持っていってヨカッタ!)

反省点は
足袋の下に履く冬用のショートストッキングを持って行かなかったこと。
真冬の札幌ではもちろん。飛行機の中でも、足下は冷えますゆえ。
それから、簡単な部屋着兼パジャマみたいなものを持っていくべきでした。
夜、ちょっとビールの自動販売機へ・・・というときは部屋着が便利です。

それから反省というか・・・
冬の旅行用に、汚れやシワに強い紬の道行コートが欲しい!
と思ったのでした。

さて。着物での初飛行トリップとなりましたが
羽田ー千歳間はたったの1時間半!
歌舞伎座で小さな椅子に5時間座り続けることに慣れれば
全くといっていいほど、不快なことはありませんでした♪

ちょっと気をつけたほうがいいのは
特に離着陸時ですが、気圧の関係もあるので、
胸まわりの紐は緩めにしたほうがいいかも~と思いました。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-11-06 13:33 | 日記

2009年1月18日(日)

やっとのことで初詣に行ってまりました。
日差しもなく、雪でも降ってきそうな寒さで、
気持ちはすっかり出かけるテンション、ダウン気味でしたが
去年の破魔矢やお守りをお返しなければいけませんし
ダンナが後厄なので、しっかり厄払いしなければなりません。
今後は私が土日出勤なので
今日を逃しては、しばらく夫婦で出かけられませんし。
ならば、ええ~~い!と強行。

場所は例年行ってる中野の新井薬師です。
中野駅から続く、にぎやかなアーケード商店街を進むと
飲み屋や食堂などがひしめく商店街。
e0152142_9315981.jpg

e0152142_933201.jpg

e0152142_9355064.jpg

その先は薬師寺に続く昭和チックな参道の商店街。
そして静かな哲学道公園
見どころがいっぱいあるので
一日かけて、ゆっくり歩いてみたい面白い街です。

ぶらり街さんぽ 中野編 (読売オンライン)

新井薬師は縁日ということで、かなりのにぎわい。
お寺自体も護摩焚きの日だということで、
縁日の出店のカセットから流れるド演歌と
護摩焚きのお経の音が相まって、何か不思議(苦笑)
でも、この雰囲気こそが
地元の庶民とつながってきたお寺さんならではなんでしょうね。
e0152142_9335390.jpg


そして、おみくじ・・・。
去年、「大吉」を引いたダンナは「末吉」。
内容はまあまあかな。病気に気をつけないとね。

で、去年、「凶」を引いてしまった私。
今年は「大吉」を見事引きました~♪
やったね!
新しいことをやる年なんで、ホッと安心。
でも、奢らず謙虚にがんばりたいと思いまする。

中野は有名ラーメン屋さんがしのぎを削る激戦街でもあります。
そこで帰りがてら、あの「「青葉」でお腹を満たそうと思いましたが
休日の昼もあって、ものすごい行列!
なので、もう一箇所ダンナがチェックしてた「「味七」の「赤のれん」へ。
(「青のれん」もあるのです)
札幌出身のご主人が開いた味噌ラーメン中心のお店です。
札幌でよく見る、これぞ!という黄色い縮れた太い麺。
まろやかなスープも濃すぎず
半熟の味玉子がめっちゃウマイ。
冷え込んだカラダにしみこむような美味しさでした~

ちょっと困ったのが、高い椅子と低すぎるカウンター。
着物だったので、座るのにちょっと難儀したし
食べるとき、かなり腰を曲げて食べるんだけど
帯が邪魔して、ちょっと食べにくかった・・汗

ま、着物でラーメン屋に入る時点で
こういうことも頭に入れておかなければいけないわな。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-01-18 23:59 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧