ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:本・コミック ( 8 ) タグの人気記事

2011年2月21日(月)

美輪さんの本。
2冊買ってしまいました。
1冊は友人に貸しましたので、そのうちご紹介。
もう1冊は『乙女の教室』
e0152142_1982356.jpg
たぶん、お若いお嬢さん向けの指南書・・・って感じなんだけど
わたしのような、お育ちの悪いおばはんには
あっちゃー、いたた~~な感じで、お勉強になることばかりで。
だけど、開くとキラキラした言葉?が飛び出してくるような気分で、なんか幸せ~

それから、最近の国際化?グローバル化?した時代では
例えば「つまらないものですが」っていう謙遜的な気遣いが、否定的に捉えられがち。
でも、私のような昭和時代の人間には、それが当たり前のように教えられてきたわけで
今さら、どういえばいいの?という感じで、
そういう状況のときに、ちょっとマゴマゴしちゃったりして。。。汗

でも、あくまで美輪さんは、昔からの日本的な気遣いや美的感覚を肯定的に語っているんですよね。
それが私にはとってもしっくりきて、居心地がいいのです。

でも、さすがに今さら「美輪語」は使えないなぁ~
「ごきげんよう」
なんて言ったら
「どしたの?具合悪いの?」とか言われるよ^^;

★後援会より、ニザさま今後の予定です。

4月・5月はお休み
6月は新橋演舞場
7月は大阪・松竹座
8月はお休み
9月は西コース巡業公演
10月はお休み
11月は平成中村座
12月は京都・南座

注目は、なんといっても11月の「平成中村座」!!
5カ月ロングランの最初の月に出演とは、こりゃ目出度い。
演目はなんだろ~~わくわく(^o^)

4/5月のお休みは残念ですが
休めるときに、いっぱい休んで
膝やら、声やら、十分に癒していただきたいデス。
(私もその間に、お財布を休ませたいですし^^;
[PR]
by nekodeko2 | 2011-02-21 17:21 | 日記

2011年2月18日(金)

メディアの騒ぎにいちいち反応したくないんだけど
やっぱり、これは言わずにいられません。

らぶりん~~!
わたし、ますます、あなたを応援したくなりました^^
そして、ちょっと安心しましたよ・・・

だって、38歳という、それなりのお年なのに、
今までのインタビューや対談なんかを見ていても
恋愛話になると、どうも真面目過ぎて、ちっとも面白くない^^;

この人、相当な奥手で、堅物なんですかねぇ~とか、
いやいや、逆に意外と自信家で女性に厳しく高望みですかぁとか、
もしかして・・・実はあっち系ですかぁ!・・・とか
詮索といえばそうなんだけど・・・ちょっと心配してたんです。

まあ、養子という身分ゆえ、
この年になれば、恋愛イコール結婚イコール跡継ぎ・・・とかいう話になりがちなんで
本人的には、そういう話題には慎重だったんでしょうね。
恋愛話にかたくなだった理由も解けましたし
実は普通に人並みだったんだということで^^よかった(笑)

ともかくも。昨夜の記者への冷静で堂々とした返答っぷり。
「よ!おみごと!」
でございます。惚れ直したでございます。
今は独身なわけですし、当事者同士で話はついているわけですし
なーんにも後ろ指差されるようなことはしてませんし。
秀太郎さんが知らなかった・・・というのはびっくりですが
なんせ心のひろ~い松嶋屋一家であります。きっと大丈夫!

そうそう・・・福助さんのほうも大変なようで・・・
公演まっただ中なのに、ほんと、不憫です。
相撲もそうだけど
なーんか、したり顔で余計なあら探しをする、野暮っちいヤカラが出没し始めてきました。
しっしっ!


★仕事先の友人から借りた本2冊。
e0152142_1357492.jpg

中原淳一さん繋がり・・・というわけではないんだけど
やっぱり、ここへ着ちゃったか・・・って感じ。
今さらながら美輪明宏さんの言葉にぐぐっときちゃってます。

「美しくありなさい。美しいものをいっぱい見なさい」

美しくある・・・は、なかなかムリですが^^;
美しいものはいっぱい見ようと思います。はい。
[PR]
by nekodeko2 | 2011-02-18 07:57 | 日記

2011年2月8日(火)

図書館から借りた本2冊。
e0152142_1138498.jpg

どちらも、見ているだけで幸せになってしまう。
こ、これは借りてる場合じゃない・・・
買って手元に置いておくべきかも。。。汗

それにしても
昭和30年代、すでに「着物離れ」がおきていて
著者がそれに対して、溜息をついているのがわかります。

それなら、今は・・・

新しい風に期待したいのですが。
[PR]
by nekodeko2 | 2011-02-08 07:38 | 日記

2011年2月1日(火)

職場の方から、またまたコミックをお借りしました。

前回、紹介した『岳』は2008年の漫画大賞作品ですが
こちらは2009年の受賞作品だそうで。
e0152142_2094442.jpg


はぁ~~!
やることいっぱいあるのに(泣)、ぐいぐい引き込まれて10巻まで一気読み。
まだまだ続きそう。

久しぶりに純粋な(?)な「少女コミック」を読んだけど
やっぱり少女コミックはいいなぁ~♪
イケメンいっぱい!ブラボ!
イイトシこいて、つい、胸がキュン!ってなりますワ。
でも、単なる「少女コミック」で片付けられない吸引力!
そこが漫画大賞受賞所以かしらん。


それにしても・・・「競技かるた」って・・・深い!深すぎます!
それがこんな熱い少女コミックになってしまうとは!日本の漫画はスゴイ。

百人一首・・・ちょっと勉強したくなってきたゾ←すぐ影響される女
[PR]
by nekodeko2 | 2011-02-01 20:09 | 日記

2011年1月6日(木)

今の仕事は、本好きには有り難い環境と思われがちですが
残念なことに、そう甘くない(>_<)

ただ、一緒に働いている方は
本好きゆえに自分で書籍を購入することにお金を惜しまない方が多い。
なので、話題の本やらベストセラー本やらの回し読みはしょっちゅうです^^
特にコミック。
話題のものからマニアックなものまで、どんどん回ってきます。

で、今、私のところに回ってきているのがこれ。
e0152142_8174974.jpg

いや~~すごい。
もう、「コミック」なんていう枠ははずれちゃってますねー。
最初の数巻は、衝撃でずっと涙腺ゆるみっぱなしでした。

最近は登山ブームとか「山ガール」とか、話題になってますが
その反面、頻発する山や渓谷での哀しい事故・・・
つい、一歩引いた感情でニュースを見てしまうのですが、
これを読むと、そういうのもひっくるめて
山ってやっぱり恐いけど美しいし
それに惹かれる人間も
愚かだけど愛しいなあとも思ってしまいます。

どうやら今年の5月に映画化されるようで。
で、主役の「三歩さん」役は小栗旬くん。
うーん。ちょっとイケメン過ぎるし、あか抜け過ぎてないかぁ?
でも、あんな山男、今の若い俳優さんにはいないかぁ。。

あ、そうか。本当の主役は「山」だよね。
これは映画館の大画面で観てみたいわん。
[PR]
by nekodeko2 | 2011-01-06 07:18 | 日記

2010年2月12日(金)

風邪気味。
もしかしたら、花粉症が悪化?
明日は仕事。
春休みもそろそろなので、忙しくなりそう。
それに、大好きなオリンピックセレモニーがリアルで観られないとは(泣)

e0152142_2234047.jpg

★「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ最新刊
『更衣ノ鷹』上・下読了・・・

今回ばかりは、ネタばれ厳禁でしょう。
というか
あまりにショッキングな展開なため
感想を書く気になれませんのです・・・泣

実はわたくし、正直申しまして
おこんさんと所帯をもち、道場の若先生に落ち着き・・・といった
ここんところの、まったりした展開に、
「そろそろ飽きちゃったかも~」
なーんて思ってたのです・・・

ところが今回は
佐伯先生にがつーんと殴られた気分です。

・・・さいごのところでは
あまりの衝撃に、声をあげて泣いてしまいましたよ。。。

哀しすぎます・・・
こんな展開。。。

でも
光も見えているようだし・・・
これほど新刊が待ち遠しいことはありません!
[PR]
by nekodeko2 | 2010-02-12 22:11 | 日記

2009年7月14日(火)

本を2冊購入。

★1冊目は、ちょっと気になっていた三砂ちづるさんの『きものとからだ』。

e0152142_1237889.jpg
表紙帯にはこんなことが書いてあります。

「日本の気候や暮らしのなかから生まれた衣服だから、
冬に温かくて、夏は風が通る。
帯が苦しい、着るのがたいへんだというのは、
作られた「固定観念」なのだ。
もう一度、着物のある身体と暮らしを取り戻そう」


で、ちょっと気になっているのが
「白木屋火事のうそ」の項であります。

著者いわく、
あの火事がきっかけになって、着物の女性が西洋下着(つまりズロース)を履くようになった・・・
というのは、確かにそうかもしれないけれど
あの火事で着物の女性が多数命を落とした直接の原因が
裾の中が気になって下りられなかったから・・・というのはウソ・・・と書いておるのです。
いくら、おくゆかしい昔の日本女性だとしても
死に直面したら、そんなことは関係ないだろうと。
実際は単に逃げ遅れてしまったという、当時の新聞記事もあるんだとか。

で、きっかけをつくったのは、西洋下着を販売する経営側の戦略だと。
で、その後、日本女性は、ズロースやらブラジャーやらと、
苦しいものを身に付けるようになってしまったのでは。と。

で、ワタシ、しばらく前から、ちょっと気になっていた着物用の下着があるのです。
それは「湯文字」であります。
短い裾除けのようなものですけど、つまりは昔の女性が
一番内側に履いてた腰巻きなんですが
これが、実は今でいうガードルの代わりになって
「小股の切れ上がった後ろ姿」に近い(あくまでも近いデスケド)腰回りをつくってくれるのだそう!
ただし、何も履かないので、スカスカ感があるし、冷えるのではと思うのですが
この本の中で著者いわく、女性のからだというのは
腰と腹さえ冷やさなければ、いわゆる「お股」には何もあてなくても
なんら身体に悪い影響は与えないのだというのです。

うーん。いいかも!トイレもラクになるし!

でも、実際にはいくつか疑問が。
まず、この湯文字をつけてしまったら
「ステテコ」はどうするんだ・・・と。履けないじゃないですかぁ。
わたしにとって、ステテコはかなり快適なアイテムなんですけどね~
確かに、昔の女性はステテコなんか履かなかったんでしょう。

あと、もうひとつ。夏の「透ける」着物を着た場合
太もものあたりに、湯文字の裾が透けてしまうんじゃないでしょうか。
昔の女性は、夏の場合、どうやったんでしょうか。

ま、近いうちに、「湯文字」はぜひ体験してみたいと思ってます。

★2冊目は、ひさびさに登場の磐音さんシリーズ。
なんと28巻目まできました。
e0152142_12593689.jpg

あ、実際には確か30巻まで出たんですよね。あれ、これからかな?
とにかく、佐伯氏の速さに、ワタシの読むスピードがついていけなくなってしまいました。

ところで、実家の父はもともと国語の教師だったこともあって
昔は堅苦しいものばかり読んでいたようですが
ここ最近、年を取って、外に自力で出られなくなってからは
来るもの拒まず・・・なのか?固いもの柔らかいもの、古いもの、新しいもの、いろいろ。
時代小説ものもかなり読んでるのですが、
「佐伯泰英」って知ってる?最近のベストセラー作家だよ」
と聞いたら、全く知らないと。
じゃあ、読んでみる?と
「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの最初の10巻まで、持っていってみたんですが
「字が大きいから、すぐに1巻読み終わっちゃうなあ~」と、かなりご満悦のようで。ヨシヨシ(笑)
父の世代にとって、磐音さんのような生き方は、どう感じるんでしょうかね~
近いうちに、続きを持っていったついでに、話を聞いてみようかな。

ドラマのほうは、いよいよ、いよいよ、最終地点が見えてきました。
今回も涙なしでは見られなかった。
あー・・・なんか寂しいなあ。
幸吉どのに、自分が使っていた包丁を渡すシーンなんて
もう、ああ~~長屋暮らしが終わっちゃう~~って、涙が出てくるわ。
でもね。
原作でも、やっぱり長屋暮らしから武家の話に移っちゃって
何かちょっと物足りないなあ~って思っちゃうように
ドラマでも、長屋暮らしの終わり・・・イコール、ドラマの終わりなのかなと思いますね。
あの温かい長屋のシーンがあったからこその、ドラマの磐音さんなのかなと。
こればっかりは仕方ないかぁ。
でも、ちょっとは、道場の若先生やってる磐音さん(もちろん山本くんね)も
いつか見てみたいな~。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-07-14 08:23 | 日記

2008年12月15日(月)

は~~。12月もはや半ば。
やらなければいけないこともやりたいこともいっぱいあって
ため息ついちゃうわ~~。

★WBCの一次メンバーが発表されました。
さらに来年になってそぎ落とされて、いよいよ正式メンバーが決まるわけで
今からあまり騒ぐことではないけど。。。
国内の若い選手のことははあまり知らないけど
中継ぎの左が少ないのはどーなんでしょうねぇ。。。
岡島投手や松井カズが落選しちゃったのはなぜかしら。。。

*追記・・・そうだ!西やん!西やんの名がないじゃん!→記事
WBCも北京も大活躍だったのに~!西やんこそは必要でしょー!なんで~~?

それから、どーでもいいっちゃ、どーでもいいけど・・・原さん、今からなぜ泣くの?
「熱い男」もいいけど、ちとウザイかも。勘弁してほしい~(苦笑)

ところで、こんな事情もあったのねぇ。。
なんだかなあ。。。

★先日、たまたま見たBSの番組で紹介されていたコミック。

モーニングKC『聖(セイント)☆おにいさん』中村 光

どうにも気になって買ってしまった。。。
内容はというと・・・ブッダとイエスは親友。
何を間違ったか、現代の日本の立川に降臨(笑)しちゃって生活するのですが・・・・
e0152142_9381100.jpg

えーと。
決して電車や公共の場所で読んではいけません!
確実に吹きます(笑)
でも、とーっても優しい気持ちになれマス。

今は、ひと昔前の「オレについてこい!」タイプの肉食系男子より
女性と一緒に草を仲良くはむような
「草食系男子」(笑)が日本人の若い男性の主流なんだとか?!
このコミックを読むとなるほどなあと。
ちょっと物足りないけど、心地いいもん(笑)草食系は。

それにしても
このコミック。キリスト教などの一神教の国々では絶対にあり得ないネタだわ。
クリスマスも何でも楽しく受け入れちゃって、
モノや自然に神が宿る多神教の上に、宗教が根付きすぎちゃってる日本だからこそ
こういう優しいコミックが生まれるんだろうなあ。
ありがたや~。
[PR]
by nekodeko2 | 2008-12-15 21:18 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧