ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年12月25日(金)

後援会からお知らせがあったのですが
篠山紀信氏撮影による仁左衛門さまの写真集が
12月14日(12月2日から延期)に発売されました。
e0152142_1742356.jpg

当然、ワタシもノドから手が出るほど欲しかったのだけど
・・・あきらめてしまった。
だって・・・税込み26,250円もするんですもん。。。泣
それも初版限定の特別価格でこの値段。
つーことは一般価格だと、いくらになっちゃうんだろぉ。
簡単には買えないよぉ。一般庶民には。
ましてや、今後は歌舞伎座公演にどれだけつぎ込むことになるか分からないし。

そんなワタシを見て、
失業中のダンナいわく
「はー。あんたは幸せだねぇ~。そんなことで悩んでさ」

ニザさまの写真集と歌舞伎公演のチケット代を天秤にかけて
こんな不況の年末の忙しいさなかにうーんうーんうなってるワタシってば・・・
はい。スミマセン・・・
でも、こういうお気楽人間がいないと、デフレスパイラルに歯止めがかけられないでしょ?
あれ、そういうことじゃない?



★きゃー!きゃー!きゃー!
(スミマセン。ミーハーモードに突入いたしますので
苦手な方は御退出くださいまし・・・汗)

「ワーナー・ブラザーズ映画『最後の忠臣蔵』を製作!」

「撮影進む『最後の忠臣蔵』

この情報自体は、ちょっと前からテレビのエンタメ情報などで伝わっていましたし
撮影もすでに始まっているそうですが

佐藤浩市さんと役所広司さんのツートップで
それも、ハリウッドがお金を出してくれて、日本の時代劇がつくれちゃうんだから
こりゃ、夢みたいだわ~!楽しみだわ~と思っていたのです。
その上、山本耕史くんも出演予定だと聞いていて
どの役なんだろ~と、もうワクワクしていたのです。
山本くんの役は、四十七士のひとりではなくて
どうやら豪商の息子の役のようです。
きゃあ!彼の月代姿が拝めるのねん♪


そして、もっとスゴイ情報が!!!

きゃ~~!

大石内蔵助役は・・・ニザさま!!!!

だそうです~~♪
まあ、討ち入り後の話ですから、
きっと冒頭でちょっとだけとか、回顧シーンとかのご出演なんでしょうけれど
それでも、こんなワタシ好みのキャスティングはあり得ないっす。
は~夢のようだわ~ん♪


・・・・それにしても
『サイドウェイズ』や『レインフォール~雨の牙』など
アメリカの映画製作会社が次々に日本に乗り込んできてますが
いったいこれから日本映画はどーなるのでしょうねぇ。

まあ、数年前までは
「パール・ハーバー」や「SAYURI」とか
ハリウッド中心の「なんちゃってニッポン」みたいな映画がまかり通ったりして
「こんなの日本じゃないやいっ!」
なんて苦々しく思う一方で
ロケもCGもちゃっちくて、ドラマの延長みたいな日本の製作会社がつくる映画に
がっかりしていたワタシとしては
企画とお金だけ出して(当然、口もはさむんだろうけど^^;)
製作現場自体は基本的に日本人監督と日本人キャストにまかせてくれて
ついでに、日本のみならず世界中に配給してくれるんだから
こんな有り難いことはないなあと思うのですけど・・・

松竹やら東映やら、大丈夫なのかしらん。。。
と、ちょっと日本の映画会社が心配になったりして。
特に松竹さんには頑張ってもらわないと、歌舞伎にも大きく影響しちゃうしさ。

バブル時代に、日本企業がエンパイヤステートビルを買ちゃったりしたけど
まさか海外企業に歌舞伎座が買われちゃったりするような
そんな時代が来ちゃったりするんだろーか。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-25 07:42 | 日記

2009年12月23日(水)

あー。年もいよいよ残り少なくなってきました。
さ、あと数日で仕事納め。がんばろーっと。

★先日着た着物。
結局、帯締めは変更して、クリーム色の三部紐に赤い帯留めをしました。
それにしても、時間がなくてかなり焦ったのです。
おはしょりがきたな~~い(泣)
帯揚げの結び方もヒドイこと(泣)
まあ、上にコートを着てしまうので、こんなもんです。許してください・・・汗
e0152142_143413.jpg


★先日の歌舞伎では、初歌舞伎見物の友人のために
イヤホンガイドを借りたのですが
実は、ワタシ、初めてイヤホンガイドを借りたとき以来
イヤホンガイドの大ファンになってしまいまして^^
今まで、どんな公演でもイヤホンガイドを必ず借りるのです。
特に大好きなのが
NHK解説でも有名な小山観翁さんと、塚田圭一さん。それから園田栄治さんも。
女性の方のガイドももちろん悪くはないのですが
おじ様がたの渋いお声と、ときたま親父ギャグも組み込みながらの
出過ぎず、引っ込みすぎず、適度な間合いで補足してくれる
こ洒落たお話が、とっても心地良いのですわ~。

ただし、今回は「あれっ?」と思うことが。
ワタシが今まで聞いたイヤホンガイドは、
役者さんのセリフにガイドがかぶさることが絶対になかったのです。
ここが、このイヤホンガイドのいいところなのです。
なのに、今回「引窓」では小山観翁さんのお喋りが
やたらめったら、役者さんたちのセリフにかぶさってしまい
ちょっとうるさく感じてしまったのでした。
案の定、友人の一人が
「セリフとガイドと三味線語りの、どれを聞いたらいいのか迷ちゃった」と言っていました。
そりゃ当然ですわ~。
うーん。どうしたんでしょ。観翁さん。
それとも編集が悪かったのかしらん。。。

★歌舞伎座の1月の公演の1等席の値段は
ほかの月より値上がりして、二万円であります。
ま、これは今までもそうだったので、まあ、納得です。

ところがです。
発表された二月の一等席の値段も2万円。
二等席が一万五千円!三等席Aが六千円。うーーーん。
二月はニザさまも出るし、昼夜、観たい演目なのですが
かといって、1等席で観なくてもよさそうな演目ですし
でも、こんな高いと1等席はおろか、2等席にも手が出せませんわ。

その上、どうやら3月は納涼歌舞伎のような三部制で
それも1等席が一万五千円もするという、うわさも・・・

うーん。
歌舞伎座終幕がどんどん迫ってきているのに
「さよなら公演」にふさわしい演目やキャストを揃えず、ここまでやってきたシワ寄せが
3月にこういう形で現れてしまったのでしょうか。
それなりの演目を揃え、
そして、それぞれの演目に人気役者さんが少しづつ配分されれば
ファンとしても、観る演目が限定されるので懐が痛まずにすみますけど
どうなっちゃうのでしょーねぇ。

値上がりするならば
せめてお情けで、3月と4月は同時に演目とキャストを発表してほしいなあ~。
そうでないと、スケジュールもお金も先が全く見えませんわ。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-23 06:59 | 日記

2009年12月22日(火)

歌舞伎座さよなら公演十二月の夜の部。
初歌舞伎の友人をお誘いしての見物。
前記事では「幹事はガラじゃない」とぶーたれたものの(苦笑)
それでもやっぱり、とっても楽しかったのでした。

席は二階席最前列で、センターより少し東側のブロックを4席連番でゲット。
おかげさまで
舞台全体がよく見渡せ、花道も五五あたりまでラクに観ることができました。
特に、回り舞台や群衆シーンの多い「野田版鼠小僧」ゆえ
満喫するにはピッタリの席でありました。
e0152142_9493877.jpg


双蝶々曲輪日記 引窓(ひきまど)
南与兵衛役の三津五郎さんがよかったぁ~
最後はじわっと涙が出ます。
ところが、友人は三人ともオネムのようでして・・・(苦笑)
まあ、こんなもんですものね。はじめて歌舞伎を観るときって^^
特に丸本世話物のですもの、お三味線の音色が睡魔を誘うんですよね。

御名残押絵交張(おなごりおしえのはまりまぜ) 雪傾城(ゆきけいせい)
えーと。つまりは中村芝翫さんと、6人の孫たちの踊りであります。
うーん。まあ、普通というか。うーん。すんません。感想の書きようがない。綺麗だったけど。
でも、孫と一緒に踊る芝翫さんのお顔が、とっても幸せそうで。
それを観る、こっちの顔もつい、緩みます。
こんな、ゆるーい演目もポンっと入れちゃうのが歌舞伎の懐の深さかな。

野田版鼠小僧(のだばんねずみこぞう)
本日のメーンディッシュです。
最初の二演目と真反対のスピード感と言葉遊びと、独特の舞台美。
もう笑った笑った!笑いすぎ。
扇雀さんと福助さんと孝太郎さんの、女バトルも可笑しかったし
三津五郎さんの不貞不貞しさも可笑しい(っていうか、この人はホントうまい!)

で、個人的にサイコーにウケタのが亀蔵さんの死人っぷり!!
もちろん、その死人を運ぶ勘三郎さんとの呼吸もピッタリなわけで。
なんなの!あの動き!
ある意味感動しましたよ。
やっぱり歌舞伎役者さんて、スゴイよ~~と
へんなところで感心してしまったのでした。

主役の三太役の勘三郎さんは
連日の熱演のせいか、お声がしゃがれちゃって、聞きづらいところも。
でも、後半は、そんなことなど、ぜーんぜん気にならなくなってしまった。
やっぱり勘三郎さんの存在感はスゴイ。

ちょっぴり残念だったのは
チビ三太役の宣生くん(橋之助さんの三男)・・・
まだまだ子どもだから仕方ないけど
発声が舞台向きじゃないというか。
何を言っているのか分からないところがあって、ちと聞いていて辛かった。。
おかげで、ラストの一番いいところが、最高位まで盛り上がらなかったのよねぇ。

数年前のときは、この役は中村鶴松くんで、これが名演技だったとか。
DVDでぜひ観たいです。

というわけで
友人三人も、爆笑・・・そして涙で「鼠小僧」を楽しんだようで
「正直こんなに面白いと思わなかった~」
なーんて感想も(苦笑)
あはは、やっぱり「歌舞伎」って、観る前は期待もされないんだなあ・・・とか
ずいぶん誤解されてるんだなあ~と実感してしまいました。
まあ、ワタシも昔は誤解してたわけだし。

歌舞伎座の外に出たのが22時ちょっと前。
友人の一人が
「このまま帰りたくな~い。どこかで飲んでいかない?」と提案。
「いいね~!のった!」と即答するワタシ(笑)
だってさぁ。。。
今まで一人で歌舞伎を見にいったときも、夜の部の後はいつも
「ああ~。帰る前に一杯飲みたい気分だ~」
と思ってたんだもん。
なんというか、日常に戻る前に、目の前で観た感動を心にとどめておく時間がほしいというか。
でも、、さすがに着物で一人で飲み屋に入る勇気はなく・・・
悶々としながら家路を急いでいたのです。

今回はお酒の飲めないほかの二人も、付き合ってくれるということで
とりあえず練馬まで戻って、居酒屋で乾杯。
そしてタクシー相乗りで「よいおとしを!」とお別れいたしました。
あー楽しかった。

でもねー。ワタシの今年の最後の歌舞伎見物が終わっちゃったわぁ。
楽しかったけど、ちょっとさみしくもあり。。。

来年もいっぱい歌舞伎を観て、
いっぱい着物を着たいな。

がんばって稼がなくちゃ。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-22 23:49 | 日記

2009年12月20日(日)

e0152142_23463373.jpg

今回の歌舞伎では
久しぶりに夜会巻きをしてみました。

トシとともに減ってきたとはいえ
相変わらず髪の毛の量が多いので
ねじり上げるだけでも、もう、タイヘン。
ついでに暴れん坊な襟足にもヒト苦労。
ケープで、かっちかちに固めましたわ。


★野田版「鼠小僧」は笑った笑った!(感想は後日・・・)
初歌舞伎の友人たちにも満足していただき
「また誘ってネ~!」とか
「今度は仁左衛門さんと玉三郎さんが観たいわ~」とか言っていただきました。
ああ、よかった。ほっと一安心です・・・

でも・・・・正直いえば
なんだかいろいろ気疲れしてしまった。。。
幹事も団体行動も全くガラじゃないので。。。

やっぱり一人とか二人ぐらいでいくのが気楽かも~^^;
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-21 00:33 | 日記

2009年12月16日(水)

今度の歌舞伎に着ていく予定のコーデ。
e0152142_227696.jpg

着付け教室の友人が一緒なので
ちょっぴり強気に(苦笑)、若作りな組み合わせ。
クリスマス気分っていうのもあるし。
最近、ずっと着ていなかった朱色っぽい江戸小紋に
帯は、ブログ初登場の白地に唐草模様の織りの名古屋。

今回は、三越地下の人気のお弁当を4人分予約してみた。
初歌舞伎となると
きっとお土産屋さんや歌舞伎座の中をいろいろ観て回りたいよね。
私もそうだったから。
でも、一度ではなかなか見切れないんだよね。
あの短い幕間と、あの混雑ぶりじゃね。

はぁ。半襟つけなきゃ。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-16 22:25 | 日記

2009年12月10日(金)

ダンナが会社をやめる前に
会社のほうが先につぶれちまいました~~あはは。
おかげで、いまだに11月分の給料が出ていません。
なのに、会社の後かたづけに出かけていくダンナ・・・
有休も消化してないのにさぁ!
ま、会社都合で解雇ですから、
ハローワークにいけば、すぐに雇用保険がいただけるわけですが。
スズメノナミダ・・・ですけどね。
ありがたや~

★1カ月も前のことなので今さらですが
一応、記録として・・・

仕事先の友人2人と石神井の「ちひろ美術館」へ行ってきました。
e0152142_2143542.jpg

ちょうど「ねこねこ大集合展」という、
世界の有名絵本作家が描いた、猫の絵本限定のコレクション展が開催されていたので。

ちひろ美術館・・・
閑静な住宅街の一角にあって、大きな道路際にあるものの
全然目立たないのですが
一歩中に入ると・・・平日だというのに来館者がいっぱい!
そして。。。ちひろさんの画をたどっていくと・・・
いろんな意味で、心を動かされますねぇ
涙が出てしまいました。
そして、最後はとっても穏やかな気持ちになります。
非常にいい美術館でした。お勧めであります。
いつか安曇野のちひろ美術館にも行ってみたいわぁ。。。

★こっそりと・・・(でもないか・・・苦笑)
巷で話題の「This is it」
そんなにおもろいなら、じゃあいこか~とダンナと近くのシネコンへ。

・・・最後は拍手までする人も!
わお!

彼の歌声はマジでうまい!と改めて思ったし
踊りもほかの人とは全く次元が違うというか、
彼のしなやかな動きに目が釘付け。

うーん
でも、ごめんなさい。それほどの感動はなかったワタシ。
ものすごーく少数意見なんでしょうけど
ドキュメンタリーにもならないような
リハーサルシーンを寄せ集めて、とりあえず間に合わせた感じが
ちょっと寂しいというかむなしいというか・・・

やっぱりホンモノが動いてないと。

で、映画館の外で一服しているダンナに
そろーり聞いてみた。。
「・・・どうだった?面白かった?」

「うーーーん。期待ほどじゃなかったなあ。申し訳ないけど、途中から寝ちゃったし」

わ!いた!ここにも少数意見派が。
夫婦そろって、おつむがねじ曲がってんだ(苦笑)
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-10 08:59 | 日記

2009年12月8日(火)

真珠湾を攻撃した日から70年近くたっても
いまだにアメリカ離れできない我が国。。。
憲法9条は素晴らしいし、絶対に手離してはいけない・・・
そう、ずっと思ってたし、学校ではそう教えられてきた。。

でも、核に関する密約やら、沖縄基地問題やら
こうもアメリカに振り回されている政府の姿を見てしまうと
そろそろ日本も自衛をするべきときが来ているのかなとも思う。

だからといって、当時のような植民地時代じゃないのだから
国として軍を保つことがイコール軍事大国やら戦争に直結するわけじゃないのは
今の世では当たり前のこと。

「一身独立一国独立」
そううたいつづけて、今の豊かな日本の礎をつくった明治の人々のほうが
ずっっっと健康的で常識的だなぁ。

どうやったら損をせず国の面子を失わずに、かつ直接危険が振りかからないか・・・
そんなことばかり考えいる平成日本人・・・。

戦争の悲惨さ、無用さを伝えていくことはもちろん大事だけど
外部からのガセネタに踊らされる自虐的で弱腰な敗戦国根性とはおさらばして
そろそろ、新しい考えをもった国に生まれ変わってもいいじゃん・・・と思ったり。

日米のゴタゴタのニュースを観たあとに
「坂の上の雲」を観ちゃったりすると
メンドーなしがらみのない若々しい明治時代が、本当に眩しく見えますわ。。。。泣

★NHKドラマ「坂の上の雲」がスタートしましたが、
想像以上の出来に、ホッと胸をなでおろしています。
図書館で関川氏の「坂の上の雲と日本人」を借りましたけど、
これ読むと、かえって原作をもう一度読みたくなってしまいます。。。
e0152142_1611369.jpg

脚本は、野沢尚氏が自殺前にほぼ書き上げたそうですが
「脚本諮問委員」なるものもしっかりあって、
今回借りた本の関川夏央氏や作家の宮尾登美子さんをはじめ、
錚々たるメンバーが目を光らせているというのもスゴイ。

司馬さん独特の俯瞰するような、突き放すような書き方をしていた原作に比べると
さすがドラマは、その部分をしっかり補足して
より多くの視聴者にとって見やすく、愛着を感じるつくりになっているのは感心。
ナレーションがちょっと多いけど
あのナレーションは、原作をそのままを引用しているので(たぶん)
つまりは「司馬史観」がかいま見られる大事なキーワードも多くて
ムリヤリ役者にしゃべらせるよりは、自然な方法だと思いました。

原作にはない、女性陣の描写も違和感なかったなぁ。
あと、失礼な言い方をすると、原作では一番平坦な予備門時代までの描写
(あくまでワタシ個人の印象ですが)が
ドラマになったとたん、躍動感たっぷりの魅力的なシーンの連続になってました♪

3年間に分けて放送することに対して、「いっそ大河にして1年で放送すればいいのに・・・」
というご意見もあるようですが
ちょっと聞きかじったところによると
このドラマ、1話分で数億のお金が使われているんだとか。
普通の大河ドラマは、確か、1話分で6千万・・・(一年分の間違い?)って聞いたことがありまして
このドラマ4~5話分で、大河ドラマ1年分の予算が吹っ飛ぶ計算になるんだとか。
なので、やむを得ず3年をかけることになったんだそうで。

莫大な手間暇と経費をかけてつくったドラマ。
せっかくですから、最後まで楽しませてほしいな。
問題は今後の展開・・・さあ、吉と出るか凶と出るか。


★そういえば・・・
NHKをぼぉ~っと観ていたら
来年の大河「龍馬伝」の予告が流れてきた。。。
げげっ。かっこいいです。予告だけでも!
いやでも期待しちゃいます♪
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-08 07:48 | 日記

2009年12月3日(木)

先月下旬、新橋演舞場での花形歌舞伎の夜の部を観てきました。
三階席センター二列目。
すっごいよかった~。
「三人吉三」も「鬼揃紅葉狩」も!
e0152142_15214185.jpg

「三人・・・」はあまりに綺麗で哀しい世界に、途中ちょっと涙が出そうになった。
お嬢とお坊・・・この関係は単なる男同士の友情じゃなくて
完璧に危うい恋愛関係ですよね。
愛之助さんと菊之助さんの二人だと、
まあ~みっごと美しい絵になるんだわ~~。溜息つきました。
それにさぁ・・・愛之助さんたら、調子がニザさまそっくりなんだもん・・・

「鬼揃・・・」は、もう!亀治郎さん!すごっ!としか云いようがない。
ほかの侍女たちも、若手の役者さんが揃って見どころいっぱい。
それにこの演目は音楽の共演(競演?笑)があって、本当に楽しい。
何度みても大好きな演目であります。

この日は、先日カクマさんで長着から二部式帯に仕立て直してもらった
型染め柄の名古屋帯を初卸し。
e0152142_15221265.jpg

実は、お芝居の真っ最中に
「ああっ!帯板入れるの忘れた!」と気付いたのでした(苦笑)
二部式というのは簡単で有り難いのですが、
つい帯揚げやら帯板やらまで忘れやすいのです。気をつけねば。
まあ、この帯はかなり硬い帯芯を入れていただいたので、あまり支障はありませんでしたが。
(だから、なお気付かなかったのかも^^;)

★着付け教室の仲間4人で12月の歌舞伎座に行くことに。
もちろん、ワタシ以外は、初めての歌舞伎見物です。
昼でも夜でもどちらでも、お任せしまーす・・・というので
うーーーんと考えた結果、夜に決定。
理由はいくつかあるけど、
着付けをして集合となると、遅いほうがゆったりできるかなということと
あとは・・・
海の物とも山の物ともつかぬ(苦笑)初演の「クドカン」歌舞伎よりは
再演の「野田」歌舞伎のほうが、初歌舞伎には安全パイかなと(笑)

いや、ほんとに迷いました。
正当な歌舞伎演目にしても、
夜の部の、名作だけど地味な「引窓」よりは、
昼の部の、勘三郎さんと三津五郎さんの「身替座禅」のほうが
絶対に初心者には楽しいですしね~。
一人で見に行くなら、昼の部も絶対に見に行ったのですが。
(先行チケットは4枚までなので、買えず・・・泣)

でも「野田版鼠小僧」にかけました(苦笑)
チケットも、さすがに4枚連番なので1階席はダメだったけど
ラッキーなことに、二階席最前列のロイヤルシート近くがとれました。
着ていく予定の着物も決まりました。
さてさて、初歌舞伎、楽しんでもらえるといいのだけど。
どうなることやら。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-03 15:49 | 日記

2009年12月2日(水)

やれやれ。
飼い猫の病気の心配してたら
飼い主のほうがバテバテ気味になってきました。

微熱と鼻水と咳・・・という軽い風邪だったのに
ちょっとこじらせてしまったのか
激しい咳と、声が出ない・・・という症状が二週間も続き
先日はとうとう仕事を休んで、病院へ。

結果からいうと
気管支ぜんそくでありました。

実はワタクシ、10年ほど前から
冬になると、むせるほどの激しい咳をする症状が出て
一時はいろんな病院を回って原因を見てもらっていたのですが
いっこうに?という結果。
結局、ぜんそくには至らない程度の気管支の荒れと
冬限定の咳アレルギーということで自分的には納めてきたつもりですが

とうとうというか、やはりというか。

ま、10年も一緒に仲良くやってきた症状なので
今さら騒ぐこともなく、かえってスッキリなのですけどね。

e0152142_152292.jpg


ああ。また、この吸入薬を使わなくちゃならんのかぁ。
前にももらったけど、途中でやめてしまったんだった。

気管を拡張するとかいう「ホクナリンテープ」なるものも処方されたけど
寝てる間は平気だったけど、朝方気持ちが悪くなって、すぐ取ってしまった。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-12-02 22:09 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧