ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

2009年2月24日(火)


二月大歌舞伎の夜の部の三等席戻りチケットを前日にゲット!!!
あきらめずに毎日チェックしてた甲斐がありましたよ~!
それも前楽日の三階席の1列目、ほぼセンターですよ。
ラッキー以外の何物でもないワ。

あー。がんばって仕事したご褒美かしらん♪(と、都合良く考える。)

ということで行ってきました~
久しぶりの歌舞伎座~!
11月の千秋楽に行って以来だから、なんと3カ月ぶり!?
会いたかったワ~~ん
e0152142_9315424.jpg

いや~~~やっぱり歌舞伎座はイイですね~~。
内容がよければ、どこで観ても同じなんですけど・・・
でも、やっぱりやっぱり!
ここじゃないと味わえない不思議な高揚感が歌舞伎座にはあるんですよね~

ちょっと残念だったのは、仕事帰りだったので着物を着られなかったこと・・・泣
雨模様だったのに、いつもより着物率も高く
ステキな着物姿をいっぱい拝めたのはいいのですが
やっぱり自分も着たい!って思ちゃうわけで、そういう意味ではちょっとテンション低し(苦笑)
三月大歌舞伎はしっかりチケットもゲットしたし、
今度こそ着物で行くぞと心に決めたのでした・・・


で、感想は次回に・・・
と書いても、ちゃんと次回に書くことが少ないので(苦笑)
今のうちに、ちょっとだけ小出し・・・

吉右衛門さんの弁慶!!!サイコー~~!シビレたわ~~ん。
四天王も、ものすごい豪華な布陣だったし、富樫の菊五郎さんも渋かったし
義経の梅玉さんのお声はやっぱり艶があってステキ。

やっぱり『勧進帳』って、面白いなあ!
『忠臣蔵』にしても『勧進帳』にしても、最初はとっつきにくい演目だけど
何度も観れば観るほど味わいを感じる演目なんだなあ~と。

『蘭平物狂』もすごかった!(って、ホント、ボキャブラリーが貧相だ・・・)
すごい立ち回りの連続で、まさに手に汗握って観たとはこのこと。
こういう演目を観ると
歌舞伎とは、演技力だけじゃなくて運動神経もものをいうわけで。
三津五郎さんはやっぱりさすがだワ。
この人の声も大好き。声のいい役者さんは大好き。

『三人吉三』
松禄さんに染五郎さん、その上、お嬢が玉サマなんだから
いいに決まってる!
でも、やっぱりこれは通し狂言で見せてくんなまし~~~
あんな中途半端なところで終わってもね~~(苦笑)


★ところで帰りに東銀座の改札でギョギョギョ~~な着物姿を観てしまいました。。。汗
歌舞伎帰りの、着物を着た金髪美人の欧米人女性をみかけたのです。
髪の毛も綺麗にアップして、水色の色無地っぽい着物が金髪に映えて、とってもお似合い。
おそらく歌舞伎や着物などの日本文化がお好きな方なのかな?
そのお気持ちはとーっても有り難いのですが・・・うーん・・・

ちゃんと補正をしてないせいか、はたまたボン!キュッ!ボン!の体形のせいか・・・
お太鼓の下のお尻部分にものすごいシワ(苦笑)ができていて
帯から下は、まるでギャザースカートのようなのです。
その上、丈が短いのか、足首が見え過ぎ。
そして、地下鉄の風に裾があおられて・・・
そうすると、普通の着物であれば、上前からぺろーんと裾がめくれるものですが・・・
彼女の着物は裾が風船のように膨らんで、そのままブワッと上に持ち上がったのでした(爆)
えーと・・・中が丸見えでしたが
長襦袢も裾除けもて着けてないようで・・・
うーんと・・・真っ白い長いおみ足と・・・
見ちゃいけないものを見たような(笑)


ま。日本人じゃないですから、一種のコスプレぐらいに思って
目くじら立てることじゃないんですけど
場所が場所だけに、あんまり気持ちのいいものじゃなかったのでした。
やはり、日本の着物は、体形や地肌を見せない奥ゆかしさがあるこそ
ステキだと思うんですよね。
あんな着方しちゃったら、着物がかわいそう・・・と思ってしまいました。
誰か彼女の周りに、教えてあげる人はいなかったのかしら。。。汗
歌舞伎座に現れるという「着付けにうるさいオバサン」も
さすがに外国人には遠慮したかな(苦笑)
[PR]
by nekodeko2 | 2009-02-24 23:31 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧