ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

2009年11月20日(金)

我が家のコジロウくん
もともと、吐き癖があるんだけど
先日、夕方から夜中にかけて
胃液と血のまざったようなものを、計20数回吐いた。
吐く寸前になると、なんともいえない鳴き声を出して合図を送ってくれるので
そのたびにワタシも新聞紙を構えて、彼が吐き出すのを待つ。
背中を丸めて吐く姿は、人間と同じく本当に辛そうである。

ちょっと今までになかった現象なので
次の日、ダンナが病院へ連れていった。
胃が荒れているのかも。
もしかしたら、この季節特有の猫のアレルギーかもしれません・・・とも。
耳の表にできている湿疹もそのせいかもしれません・・・と。

結局、ダンナとワタシで交互に3日間、病院に連れていきました。
昔、病院でヒドイ眼にあったことを覚えているとは思えないけれど
とにかく、病院が大嫌いな彼。
勘もいいので、ダンナとワタシの会話で、よからぬ(苦笑)空気を察して
さっさと押し入れの上のほうに隠れてしまう。
そうなると、あとはどんな手を使ってもムダ。ひたすら持久戦である。
彼がえさを食べに出てくるのを辛抱強く待って、やっと捕獲。
ここからも大変。
素直にキャリーバッグには入らないので
大きめの洗濯用ネットにむりやり入れて、簡単に動けないようにしておく。
ところが、最初の日。
この状態で座布団の上に座らせておいたら
なんと、あいつめ(苦笑)、おしっこしやがった!
やれやれ、本当にやれやれである。
e0152142_8523276.jpg

病院につくと、今度は簡単には外へ出ようとしない。
診察台の上に出すのも一苦労である。
そして診察台の上には、肉球型の汗がべっとりつく(苦笑)

病院の待合室は、お互いの可愛いペットのお披露目となって
ちょっとした癒しの場になるんだけど
我が家のニャンコだけは
バッグの奥のほうにタオルをかぶってうずくまって、ブルブル震えるばかり。
「猫?犬?」
と聞かれるだけ(苦笑)の飼い主としてはちょっと寂しい(笑)

ただし、病院に行くたびに言われることがある。

「このバッグ便利ですねぇ!どこで買ったんですか?」

このキャリーバッグは、リュックにも、車輪を転がすタイプにもなる優れもの。
5キロを超えてから、何かいいバッグはないかと探し続けて
やっとネットで見つけたのである。

写真は、病院から帰ってきた直後のこじろうくん。
「えい!えい!こんにゃろー!こんにゃろー!」
とばかりに、バッグに当たり散らして
中に敷いていたタオル類を全部引きずり出します。

御歳6歳。来年からはシニア用のえさを与えることになる。
お願いだから病気しないでね。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-11-20 08:52 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧