ねこでこ茶屋 


歌舞伎と着物とイチローと・・・etc
by nekodeko2
プロフィールを見る
画像一覧

2009年8月27日(木)

今月分のお給料もらってないのに
今日から1週間、出張のダンナ。
モチベーションもさがるだろうに、なんだか不憫に思えるのだけど
当人はそういうふりしてるだけなのか、
今やってる仕事そのものは基本的に楽しいので
仕事に集中してさえいれば、あまり気にならないんだってさ。
うーーーん。
我がダンナながらエライと思う反面
相変わらず損な性分なのね~(そこは夫婦そっくり)とも。。。
我が家は一生、お金持ちにはなれないわなぁ(涙)

で、ダンナには非常に申し訳ないんだけど
ワタクシは、仕事の憂さ晴らしに、一日おでかけすることに。

ほんとは本日、歌舞伎座の八月納涼歌舞伎の千秋楽ということで
第一部目を幕見したかったのだけど
なんか用意にダラダラしちゃって時間に間に合わず。

ということで、スケジュールを変更して
大好きな江戸東京博物館へGO♪
行きそびれていたマノスの浮世絵コレクション展
江戸東京ねこづくし展を観てきました。

浮世絵のほうは、相変わらずボリュームがあって、見応え十分。
どれも大好きだけど
特に歌川豊国の「両国花火之図 三まへつゝき」に目が釘付け・・・・
橋の上に人がぎゅうぎゅう。で、花火の描写がなんともいえず大胆!!
これは、ずーっと眺めていたかった。。
ショップでハガキを探したけど、無かったのでした・・・残念。
(ネットでも、リンクできそうなものはなかった・・・)

ねこづくし展のほうは、常設展の中の一角にある企画コーナーなので
「あら?これで終わり?」ってな、感じ(苦笑)
それでも、猫好きにはたまらない展示物の数々。。。
e0152142_11193441.jpg

お江戸でも犬猫は非常に大切にされたそうで
大切に埋葬されたであろう犬猫のお墓も多々、発見されているそうです。
にゃんこの、あのちんまりと座ってる姿そのまんまの骨が埋まってるお墓の写真。
時を越えて、飼い主の気持ちが伝わってくるようで、ちょっとじーんとしちゃったよ。

両国の次は銀座へ。

第一部には間に合わなかったけれど
2ヶ月近く歌舞伎を観てないし、どうにか今日観たい。
それなら第三部はどうかなと思ったけど、
さすがに博物館巡りしたあとに幕見に並ぶ気は失せてしまったのでした。

で、ネットで観たかぎり三等席は売り切れだったので、
銀座のチケットショップへ直接行ってみました。
お!一枚だけ三等B席が残ってます。多少割高でしたけどゲット。
ということで、18時からの第三部目を観てきました。

楽しかった~~♪
勘三郎さんのけれん味たっぷりの早変わりに
日頃の憂さもすっかり晴れましたワ~
感想はかる~く後ほど。

本日はもちろん着物で。
夏も終わりなので
一回しか着てないままクリーニングに出すのはもったいない明石ちぢみ。
今日が夏の薄物の着納めです。
帯は黒い格子絽に荻柄の染め帯。こちらも締め納めですね。
e0152142_11204367.jpg

ついでに、絽の半襟も帯揚げも帯締めも、それから麻の足袋も
これで今年は終わりです。
いつもより、ちょっと夏っぽくなかった夏だったので
なんだか名残惜しい気もするのですが、
ある意味、涼しい夏に救われた気もします。

真冬に袖無しワンピ、真夏にブーツが流行ったりと
季節感がどんどんなくなってる洋服に対して
(多少ずれても)暦に合わせて、
きちんと「納めどき」がある着物の潔さ。好きです。
[PR]
by nekodeko2 | 2009-08-27 23:20 | 日記
カテゴリ
日記
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧